インビザライン矯正症例

患者S様

前歯がすいているのが気になるとのことで、Instagramから当院のインビザラインを見つけてくださり、この度スタートすることになりました。

検査診断を行い、ワイヤー矯正は見た目の点で避けたいとのことだったので、インビザラインを選択。

光学印象をとれる機械(アイテロ)を用いて診断をし、奥歯の噛み合わせ全体を治すにはコンプリヘンシブ(フルマウス矯正)が必要でしたが、費用の点もあり、前歯の見た目を治すライトパッケージ(部分矯正)でのインビザライン矯正を行うこととなりました。

無抜歯、IPR(ディスキング)ありです。

ライトパッケージは治療期間7ヶ月(14枚)でのマウスピース矯正となります。

今後、どのように綺麗になって貰えるか、楽しみです。

ライトパッケージは規制も多く、できる症例は限られますが、できるかできないか、コンプリヘンシブとの違いや、抜歯が必要かどうか、など、細かい点まで、納得して矯正治療に取り掛かれるよう、カウンセリングさせてもらいます。

是非、お問い合わせ下さい。

無料相談もしております。

※当院で担当させてもらっているインビザラインの患者様から許可をもらい、掲載しております。

関連記事

2022.04.23 インビザライン矯正とワイヤー治療の選び方 
2021.07.09 インビザライン矯正症例